バリュースポーツのお部屋 
バリュースポーツのスタッフがその日の気分で更新します、お得な情報や商品の情報などをご提供したいと思います。たまに愚痴る事も・・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆☆FRP☆☆
エアロパーツの素材は様々有ります。FRP・PP・ウレタン・カーボンなどが代表的ですが、
何が違うの?と言えば材質と製造方法が違うと言うのが大きな違いです。

良く、どれがいいの?と聞かれますが、それぞれ一長一短がありますので、絶対にこれが良いとは言えません。

PPやウレタンは柔軟性があるので、ぶつけた時に壊れにくいと言われていますが、深く考えると以外にそうとも言えない部分も有ります。
度合いもありますが万が一ぶつけてしまうと傷や変形といったことが起こると、修正や補修が面倒で割高になる場合があります。ましては裂けてしまうこともあります。そうなると補修はほぼ不可能になります。

その点FRPは真っ二つに割れても、補修が可能です。穴が開いても復元出来るというメリットがあります。補修方法や取り扱い方法も広く確立していますので、割と安心な部分は有ると思います。 デメリットとして一番はぶつけると割れやすいと言うことですが、
割れやすい事にもメリットがあります。
スポイラーなどは大抵、バンパーやバンパーの代わりにボディに装着されますが、ぶつけた時に割れてくれると、他へのダメージを軽減してくれます。
縁石にヒットしたときなど下からの突き上げが来ると、バンパーやフェンダーその他にも衝撃が伝わりますので、割れてくれないとバンパーの変形やフェンダーその他の変形まで及んでしまう場合が有ります。
従って、私個人の考えと経験から行くと特にローダウンをしている車は不意にぶつけてしまう確立が高いので補修や加工しやすいFRPの方がまだまだ良いと考えています。

全く余談ですが、ニュースなどで話題になっているイージス艦と漁船の衝突事故で検証していたのをテレビでみていたら、漁船もFRP製だったそうです。
なんと、FRPはレーダーに写りにくい材質で非常にステルス性が高いんだそうです。

それじゃあ車をすべてFRPで作ったら・・・・・・?




スポンサーサイト

テーマ:ドレスアップ - ジャンル:車・バイク

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 バリュースポーツのお部屋  all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。